ブログ初心者向け

[経験談]ネットでバズ(拡散)を起こす記事と起こさない記事

こちらの媒体では地元の旭川にまつわることを書いているんですが、今回バズを起こした記事はこちらの記事。 2日で25000pvのアクセスがあった記事です。いわゆるgoogle砲ですね。 さてこちらの記事はバズを狙って書いたのかと言われるともちろんそんなことはなく、空いた時間で暇つぶしに書いた程度。 暇つぶしに書いたり、ちょっとしたツイートが拡散されたりするのがネットの世界の摩訶不思議なところです。
ブログ初心者向け

ブロガーが雇われる時代へ。情報発信という新たな働き方とは?

ブロガーやインフルエンサーが町から求められ、採用される。 意外にもちょっとした過疎地に目を向けてみると少ない事例ではありません。 過疎に悩む町は出来るだけ多くの情報を外部へ発信し、人口減少や町おこしの一環として新しい突破口を探ろうとしている時代です。 僕自身、そんな町に採用された一人ですが、ちょっと今までと違うのは教育委員会という分野で採用になり高校の職員室に勤務をしているということです。 今後、過疎の町で情報発信分野で仕事をしてみたい方や田舎でブロガー、その他情報発信で生活をしていきたい方は参考にしてみてください。
移住ノウハウ

北海道で新たな二重生活。移住ブームを超えた二拠点の生活スタイルとは

山に囲まれているが故にどこの町からアクセスしても必ず山間を通るため、あまり多くの人がアクセスをしない北海道の幌加内町。 4ヶ国での移住生活から、国内では宮古島、淡路島についで3ヶ所目の一番の田舎町です。
高校魅力化

旅人から幌加内高校の職員になって1ヶ月経過して思うこと

元々はゴリゴリの旅人でした。旅人といっても解釈は色々あると思います。 かっこよく言えば世界を自由に旅する人。かっこ悪く言えば大人になっても仕事しないで遊んでいる人。 そんな僕が気がつけば北海道の幌加内(ホロカナイ)高校に職員として派遣され職員室で勤務しています。
高校魅力化

北海道の高校授業で面白いことをやっている学校3選

高校で面白いことって言っても意外にも知られていない高校がいくつもあります。 僕自身、高校で仕事をするようになるまで特色のある高校がどんなことをやっているのか、授業内容はどんなものなのか、情報があまりありませんでした。 高校で仕事をしているけど、所属は教育委員会。高校の職員のようで実は違う。 そんな特殊な立場目線から、最近知った面白い北海道の高校3つを紹介しますね!
高校魅力化

高校をやめたいけど親に言えない?その前に見てみてよこのブログ!

「高校行くのはめんどくさい」「高校で嫌な先生がいる」「高校なんて意味がない」「高校やめたいけど親に言えない」 そんなことを考えている君は別に特別なことではないですよ。 僕だって高校をやめようとしたし、めんどくさかったし、勉強嫌いだったし、嫌な先生もいました。 ちょっとツイッターで検索をすると高校をやめたいと思っている友達はたくさんいるよね。 大学に行っても大学をやめたくなる時もあれば、大人になって仕事をやめたくなる時もあるのは特別なことじゃない。普通のことだよ。
高校魅力化

高校魅力化コーディネーター?地域みらい留学「北海道幌加内高校編」

北海道の幌加内高等学校で高校魅力化コーディネーターとして活動しています。
僕の独り言

ゴリゴリの旅人が北海道の田舎で教育委員会に採用される

中年の奇跡 こんにちわ。TABIMINTONです。ツイッターはこちら→(@tabiminton) 元旅人です。元バドミントンの全日本ジュニアチャンピオンです。元ネパール代表のコーチです。元トラフグ専門料理人です。アリゾナで狼...
バドミントン

バドミントンダブルスは仲が悪い方がいい?全日本総合に出場した僕が教えます

時よりメディアで取り上げられるダブルスの不仲説。特に女子選手は取り上げられがちですよね。ゴシップとしても取り上げやすい面はあるのでしょうが、今日はダブルスの不仲説について。 僕のバドミントンの主な経歴は...
僕の独り言

TABIMINTON田舎暮らしをするつもりが高校勤務になって部活顧問?

教育委員会から連絡くる 海外で生活をした国は4ヶ国。国内では3ヶ所目の移住。 今回は地元近くの田舎で移住先を考えていました。 条件は実家のある北海道の旭川から車で1時間圏内に絞り、過疎地域であること。 そんな移住...
タイトルとURLをコピーしました