バドミントンおすすめ用品

バドミントンラケット初心者にお勧めのナノレイシリーズ[YONEX]

こんにちはhassyです。こちらの記事ではYONEXの中でも人気のナノレイシリーズのラケットの紹介をしますね。是非とも参考にしてみてください。僕自身のバドミントンの経歴はこんな感じになります。 全日本ジュニア中学シングル優勝 ...
瞑想

瞑想のやり方で効果は変わる?12時間瞑想を10日間やった僕が伝える瞑想法

「瞑想ってどうやってやるの」「瞑想は毎日やっているよ」と言うと必ずされる質問。ただ圧倒的に多くの人ができないことが続けれないと言うこと。これができるようになると人生はかなり有益な生き方に変わるのですがね。そんな瞑想ですが、実はやり方にはいくつかの方法があります。僕が知っている瞑想法をいくつかお伝えしますので、実践をしてみて自分に合った瞑想法を続けてみてください。

旅ブロガーの募集とかあるけど稼げるの?今後の市場は広がるの?

「旅しながらお金を稼ぐ」大多数の人が憧れて一度はやってみたいことかもしれません。ある市場調査では今までの旅人の市場は約1兆円規模だったのが2020年には16兆円規模に伸びると試算していました。「え?そもそも1兆円規模もあったの?」「そもそもどうやって旅人の市場なんて広がっているの?」そんな疑問もあるかもしれません。それでは順にお答えしていきましょう。
バドミントン上達

バドミントンの試合で緊張するのはメンタルのせい?[小中学生向け]

そもそも君が緊張するのは相手と戦っているから。もし君が「試合では自分の練習の成果を発揮しよう」と考えてプレーすれば、相手がどうこうは関係なくなります。もっと言えば「相手は自分よりももっと緊張しているに決まってる」そう思ってやってみなよ。「相手の方が冷静だ」と思って試合をしているのは君の思い込み。勝手に思い込んで勝手に緊張しているだけだと思うな。
バドミントン

バドミントン実業団選手がブログやYoutubeをやっとくべき3つの理由

スポーツ選手の意外な盲点。自分のスキルを資産化にできていないところ。これはバドミントン選手に限らず他のスポーツ選手でも同じことですね。今の時代、僕が言えるなら現役の時にブログなり動画なりで資産化できるチャンネルベースを絶対に作っておくべき。これは現役の時に資産化するのではなく後々に立派な資産になると言うことを理解しておくべきです。その主な3つの理由はスポーツ選手年金として考える自分のスキルが身近に教えれない人に届くと考えるアウトプットすることで自分のスキルアップと考える
ブログ初心者向け

[経験談]ブログは挫折するけど止めなければ復活はできる!収入源を捨てるな!

誰もが経験するブログの挫折 「ブログ 挫折」 「ブログ ネタがない」 「ブログ 書けない」 収入を作るためにブログを始めた人なら一度は検索するこのキーワード。 むしろ僕自身も何度か検索したワードです。 ...
バドミントン

国内でバドミントンプロ選手になるのは今後の増加するのか?海外は?

2019年現在、国内で日本のバドミントンプロ選手といえば、こちらで把握しているところで奥原選手1人。国外も入れて見てみるとマレーシアでプロとして活動している田児選手。一番最初に国内のプロプレーヤーとして活動し始めたのは元日本ユニシスの池田信太郎氏です。それに続いて女子ダブルスで活躍した藤井選手もそうでしょうか。池田君に関していえば、日本人で初めてのバドミントンプレーヤーとして活動していたので、海外遠征などの資金面ではクラウドファンティングを利用して、新たな切り口をバドミントンのプレーヤーに提示したパイオニアでしょう。
ブログ初心者向け

素人が200記事ブログを書くとライティング力は上がるものか?[比較あり]

ここ最近、過去の記事を読み返すとちょっと恥ずかしくなるような記事がたくさん出てきます。当時は当時で真剣に記事を作成していたのですが、今になって読み返してみると残念すぎる記事ばかり。おそらくこの記事もさらに200記事を書いた後に読み返すと残念な記事に見えてしまうかもしれないのですが。しかしどんなことも最初からうまくできるはずもなく、下手な時期を積み重ねてレベルを上げていくしかないのですがね。僕は基本的にバドミントン系の記事を多く書いているのですが、スポーツもライティングも積み重ねが大事ということがよく分かります。
バドミントン

終身雇用崩壊でバドミントン実業団選手の将来は?[みんなで考えよう]

雑誌バドミントンマガジンなどでも実業団選手の一日の流れなどがピックアップされていることもありますが、多くの日本のバドミントン選手はプロ選手ではありません。大半の選手は企業で仕事を終えた後に練習を行うか、バドミントンの講習会などを開きコーチングをしつつ生計を保っている選手もいるでしょう。では今回はいくつかの実業団で実際に行われている雇用形態でこのことについて考えてみたいと思います。ちなみに以前書いたバドミントンで食べてくシャトル飯の記事はこちら
バドミントン上達

[事実]数字で考えるブログの継続率とバドミントンの上達率とは?

ブログを収益をあげる目的で始めて3ヶ月以上継続できる人は約1割と言われています。そしてその1割の中から収益を生み出せるのは2〜3割。その2〜3割から数万円の利益を出せるのはさらに2〜3割ということです。ですので1000人中100人しかブログは継続できず、その100人の中でブログから収益を発生できるのは30人。そしてその30人の中で数万単位で収益をあげれるのは1〜2人くらい。まあ全て単純計算になりますが、実はものすごく狭き門。
タイトルとURLをコピーしました