[ネタバレ厳禁]元日本一がバドミントンが上手くなるコツ教えるよ!友達には内緒だよ!

hassy
これからアドバイスをする僕のバドミントンの経歴は下記の通りです
  • 全日本ジュニアシングル優勝
  • 17歳で全日本総合選手権出場
  • 学生監督として2度のインカレ出場
  • ネパール代表テクニカルコーチ
  • メキシコジュニア代表コーチ

 

上手くなるコツはない

すいませんいきなりの断言でw

でもどのスポーツや他の分野を見ても同じことですが「どうすれば上手くなるか教えてください」とかってよくあるじゃないですか?

スポーツに限って言えば「上達にコツはない」です。

断言します。繰り返しの反復練習以外のコツはありません。

競技は違いますが、卓球の水谷選手も同じこと呟いてます。

これってどのトップアスリートも同じこと思っていると思いますよ。

 

それでもコツが知りたい

ではまずは超初心者に向けた簡単なアドバイスをしましょう。

 

憧れの選手を見つける

全くバドミントン選手を知らないかもしれないあなたは動画検索で色々な選手を見て憧れの選手を見つけましょう。

今は昔と違ってバドミントン選手や大会もエンタメ性を十分に含んだものとなっています。

どのスポーツや、スポーツ以外でもそうかもしれませんが、何かを始めるにあたって憧れの誰かを見つけておく

または目標にしておくということは上達するのに十分なモチベーション要素の一つです。

ルックスでもプレースタイルでもいいのでまずは憧れの選手を作りましょう。

 

強い選手の全てを真似する

それができたら次は完コピから初めましょう。

それはグリップの色でも汗の拭き方でもガッツポーズでも一見バドミントンからちょっと外れたことと思うかもしれませんが、完コピは上手くなるのに非常に大事なことです。

憧れの選手になりきる気持ちは脳があなたの体を刺激してその人のようなフォームであったり、フットワークであったり様々なことでプラスに働きかけます。

小さい子供がアイドルになりたくて下手なりに完コピしますよね?

まずはあれでいいのです。確かに憧れの選手とはかけ離れたレベルでも、それを強く意識して真似ることが上手くなるにはとっても大事なコツでもあるのです。

 

ネパール代表チームの動画を交えて

今はあまりサンプルにできる動画がないのでまずはあまり良くない例を参考に。

これは一方が1点もう一方が3点を動くパターン練習ですが、特に1点の選手が打った後に打ちっ放しで動きが悪いですね。

このようにはならずに、必ず1点であろうが打った後には真ん中に戻る意識をしてください。

バドミントンは打った後に止まったままでは勝てないスポーツです。

普段の練習の時から必ず打った後に戻る癖をつけなければ試合ではすぐにセンターポジションに戻れません。

練習でやっていないことを試合でやろうとしてもできないのはどのスポーツでも当たり前のことです。

自宅で秘密トレーニングを行なってレベルアップしたい人はこちら↓

 

シングルスが上手くなるのに効果的

シングルスでこれから強くなりたいのであればこのパターン練習は効果的な練習方法の一つです。

特に大切なことは、決してミスせずに3分は続けることです。

シングルスのオールコートでノック練習も大切なことですが、人や環境によってはできないこともあるでしょう。

とっても地味でつまらないパターン練習ですが、僕はこれをがっちりやらされて全日本ジュニアで優勝しています。

過去の話ではあるけれど結果は出ていますからね。上手くなりたいなら真似してください。

 

スマッシュを打つ時のコツ

 

僕もよく聞かれることの一つに「スマッシュが上手くいかない」という悩みを言われます。

さてブログで伝えるにはどうしたものかと色々考えて様々な動画を見て僕もこれがおすすめかなというのが、元全日本代表でトップチームのコーチをやっている舛田さんの動画ですかね。

こちらの動画の左腕の使い方はとても参考になるアドバイスです。

多くの人が気にしていないというか言われて「はっ」とすることに一つに左腕の使い方をしっかりと理解できていない人が多いです。

特に変な癖がついてしまって左手を適当に考えていた人はこちらの動画を真似するフォームをやり直すことをおすすめします。

左手をしっかりと意識して羽の下に入るということがまずは良いスマッシュを打つ前の動作の段階。

これができていないと、スマッシュばかりいくら練習も上手くはなりません。

 

ジャンピングスマッシュが上手くできない

往々にして多いのが最高打点でジャンプスマッシュを打てていないので、結局は無駄なスマッシュになっているということ。

まずは自分の動画を撮って見てみてください。

本当にジャンプをした時に自分の最高打点で打てているのかどうか。

僕から言わせてもらうと、県大会レベルの選手や一般社会人の人は大半がジャンピングスマッシュでも打点がジャンプしないのと変わらないですよ。

ジャンプが落ちているときにヒットしている人ばかりです。

井川さんがやっているこちらの動画も参考になる動画ですね。

 

バドミントンが上達しないのは指導者のせいかもしれない

どんなにあなたが頑張っても、指導者に指導できるスキルがなければあなたのレベルアップは底打ちです。

中学校の部活なら「学校の先生が顧問程度」という人はざらにいるかもしれません。

そういう人は動画で学び、クラブチームでやっているところに自ら行って練習をしましょう。

あなたの強くなりたいという気持ちが学校の部活程度で妨げになってはいけません。

ちなみに僕の部活の指導者はバドミントン未経験者でした。それでも僕は全日本ジュニアで優勝させてもらうことができました。

こちらの記事。

 

環境が悪いなら動画を上手く活用する

必ずしも誰もが皆環境に恵まれているわけではありません。

自宅でできる練習はもちろんのこと、上手く動画を活用して上手い選手のテクニックや技を盗みましょう。

僕も今まで色々な選手を見てきましたが、一人だけしかいない部活でも全国大会に出て入賞している選手も見てきました。

ですので、必ずしも環境が悪いからといって上達できないわけではないはずです。

「バドミントン 上達」と検索したあなたは、やる気と情熱に満ちているからでしょう。

是非ともその情熱を消さずに頑張り続けてください!

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。元バドミントンネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。