[保存版]バドミントン初めての海外遠征に持っていくべきアイテムリスト

初めて海外遠征。何を持っていけばいいか分からない!

はい。ここにたどり着いたあなたはもう大丈夫。

今でも年に数回は海外へふらっと飛び立つ僕が海外へ行く時に必要なアイテムを全てレクチャーします。

これさえ揃えれば何一つ心配は入りません!

変圧器

 

僕がこちらをお勧めするのはダントツの軽さとプラグの多さです!

変圧器って結構重たいのがあるんですがこちらは本体290gと、とても軽量です。

そのなのにコンセントプラグが3つとUSBが4つ使える優れものです。

宿泊先にはコンセントが少ない部屋が多いのでこれ一つで重宝する変圧器です。

レビューにもあるようにファンの音が少しありますが大抵の人は気にならないようです。そこだけ個人差はあるかもしれませんね。

今は飛行機に乗る時もバックの重量を気にしなければいけない時代なのでアイテムが軽いことはとても重要なことです。

全世界共通なので一つ持っておくと相当な便利アイテムです。

 

圧縮袋

 

衣類が多くなる海外遠征には絶対必要です。

これがあるのとないのではバックの収納が全然違います。

こちら国産で丈夫な商品であることと、掃除機などいらず手で巻くだけで圧縮が可能です。

海外に行く場合場所によっては少し寒かったりするとフリースなど持って行きますよね。

そんな時にこちらのLサイズですと十分入りますので非常にコンパクトサイズで持って行くことが可能です。

またエンボス加工で目隠し効果があるため下着などを入れても同じ部屋の人に見られないのが嬉しいポイントです。

遠征では少し余分に持って行くと現地でシャツなどを買い物した際に持ち帰りに便利なアイテムになります。

 

電子辞書

 

電子辞書は翻訳や通訳としての機能だけではなく現地で勉強対応するのにも便利なアイテムです。

これを持って行くだけで余計な教科書や辞書は入りませんからね。

こちらの電子辞書ですと6教科のセンター試験にも対応できるコンテンツが収録されていますしスマホと連携して動画解説などの閲覧も可能な優れものです。

特にこれ一つあれば遠征だけでなく普段の勉強としての活用もできますしスキマ時間の活用としても重宝します。

英語だけでなく主要各国はもちろんアジア諸国の簡単トラベル会話も入っているので長く重宝できるアイテムであることは間違いないですね。

現地の人と仲良くなるのにこういうアイテムがあるとものすごくその国の楽しみ方が変わってきますよ。

カラー画面ですしイラストや画像が見れる優れものです!

 

電子書籍

 

これはもう必須というか持っている人も多いでしょう。

何と言ってもコスパのよさ。

機内ですとスマホも使えなくなることも多いですしこれ一つあると漫画も書籍も手軽に持ち運べますからね。

こちらがおすすめなのはバッテリー時間が長持ちするのとサイズがコンパクトになりスマホと同じ重さなのがポイントです。

またブルーライトが搭載されていないために長時間見ていても目に優しいところが個人的にありがたいです。

文字の大きさが変えれるところがとてもいいですが薄暗いところで読むことにあまり向いていないのが多少のデメリットです。

Wi-fi環境などがなくPCやスマホが使えないことがある時にこれがあるのとないのでは大分違いますね!

 

SIMフリースマートフォン

 

海外での滞在が長期になる方はSIMフリースマートフォンが絶対におすすめです。

初めての海外で現地でSIMカードを買って・・・となるとちょっとハードルが高くなるように感じますが、

やり方は日本と全く同じでカードを買って差し込むだけの単純作業。

それだけで海外でスマートフォンは簡単に使用できます。

こちらの機種ですと価格コムでも高評価の上位ですしコストパフォーマンスも十分な機種ですね。

こちらはディスプレイが5.2インチと画面が大きくて見やすいですが他の方がレビューでも書いている通り水濡れに多少弱く注意が必要だそうです。

カメラも1300万画素なので古いスマホの方はこれを機に買い替えて海外で綺麗な写真も撮りたいところですね。

 

カードスキミング防止

 

海外でカードスキミング被害は当たり前にあると考えておきましょう。

というか、こちらのアイテムそもそもかっこいいですし日本でスキミング被害がないわけではないので普段から普通に使えます。

カードケースに入れながら財布にも入りますし、パスポートスリーブがついてるのが嬉しいです。

1000円ちょっとで多額の被害から回避できるかそれとも1000円ちょっとをケチって被害に合うかは自分次第ですね。

日本の常識だけで外国に行くことは避けてください。年に数回各国へ飛ぶ僕だからこそのアドバイスです。

 

セキュリティポーチ

絶対必要です。

僕はパラグアイで警察官に強盗にあったことがあるんですね。(あり得ないと思うでしょうが、あり得ます)

その時にセキュリティポーチをお腹の中に忍ばせていたのでその中にあった十数万円は見つからずポケットにあった数千円で済みました。

これがなければ完全に有り金全部いかれていましたね。

海外ではパスポートの提示を求められることが何かと多いのでパスポートを持ち歩くのにも便利です。

こちらのセキュリティポーチはスキミング防止も兼ねているので混雑した乗り物の中でも安心して所持できます。

体に当たる部分もメッシュになっているので暑くて蒸れるということもないでしょう。

何度も言いますが海外では日本の常識は捨ててください。警察ですら強盗する国も普通にあります。

日本人は特に狙われやすいと自覚していてください。

 

トラベルまくら

日本から外国へ行くとなると大抵それなりの時間のフライトになります。

僕も飛行機内ではよく寝ますがトラベルまくらがあるのとないのでは疲労の度合いが全然違います。

こちらが優れているのはボタンを押すだけで15秒で空気が入ることと繊維の素材がとても気持ち良いです。

カバーは取り外して洗えるのですが空気を入れる時に音がするのと、340gの重さがあるので見た目より実際は多少重く感じるかもしれません。

しかし飛行機内だけの使用に留まらず普段のバス移動だったり電車や新幹線でも使用できるので一つ持っておくと長期的に便利なアイテムですね。

 

まとめ

スポーツ遠征で多い競技はサッカー、テニス様々あると思います。

初めての海外遠征で持ち物がまとまらない人はこちらを参考にしてもらえると嬉しいです。

楽しくも充実した海外遠征にしましょう!

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。元バドミントンネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。