[動画あり]バドミントン動画見てるだけ?上手くなる動画の見方教えます

僕が選手だった頃は今のように手軽に海外の試合などを動画で見ることはほとんど難しく今はバドミントン専門の動画サイトやyoutubeでの検索ができるのでレベルを上げるには非常に良い環境です。

事実日本のレベルが上がって来たのもこういう影響もあると思います。

もちろん協会が強化に乗り出していたこともありますが、影ではこのような時代背景が日本のレベルの底上げをしたと思います。

ではどのようにして動画を見ていますか?強い選手のどこを見ていますか?

プレーヤーによって見方は様々かもしれません。

中学生や高校生は上手くなりたくて。趣味でやっている人は憧れの選手のプレーが見たくて。

ここでは動画を見る時の僕なりのポイントを伝えましょう。

僕の経歴→バドミントン元全国チャンピオンからの旅人

一度のラリーでどれほどのフェイントがあるか

動画サイトで出てくるような人たちは多くの選手が上手な人たちです。

レベルの高い選手の試合では一つのラリーに見えない多くのフェイントがかけられています。

ほんの一瞬わずかながらに相手がワンテンポ遅れたり、ほんの一瞬シャトルを追う前に体が反対側へ傾た時、それは相手選手からのフェイントが入っているのです。

何気ないクリアーに見えてもそこにはラケットのをほんの一瞬ストップさせることによってドロップを匂わせてクリアーを打ったりしています。

動画を見ていて分かりやすいのが女子のシングルスが一番分かりやすいかもしれません。

僕が見ていて一番わかりやすいのが山口選手ですね。

彼女のネット前のプレーはもちろんプレー大半にフェイントをかけていますが、気をつけて見るポイントは上からのショットです。

無理のない体制(自分のポイント)から打つ上からのショットは大体がフェイントを入れています。

彼女の場合フェイントを入れるというよりこういうプレースタイルになったんでしょう。

打つ瞬間にほんの一瞬だけ体とラケットの面が静止します。

カットがうまいのはもちろんなのですが、何故彼女のカットが決まるかというのはあのフェイントに相手が戸惑うから決まるのです。

だから彼女の試合ではノータッチのカットで決まることが多いんです。

8対6の時に最後に2本カットを打ちますがどちらもフェイントを入れています。空中で一度体を止めています。

20対20の時の最後のストレートスマッシュはクロスに打つフェイントを入れてストレートに打っています。

なので相手が一瞬遅れてのレシーブになります。

3セット目の後半は余裕が出て来たので特に上からのショットにフェイントを入れているのがわかりやすいので気にして見てください。

彼女は少し女子にしては珍しいプレースタイルですし男子のようなプレースタイルをするところが特徴ですね。

上記した以外にも試合中に沢山のフェイントをお互い入れていますので注意して見てください。

山口選手の上から打つショット。ほんの一瞬体とラケットを止めるというプレーは真似してみるとプレーの幅も広がります。

 

もう一度そこを意識して動画を見てください。

 

あえて足のフットワークだけ見る

上手くなれない人の多くにフットワークを身につけていない人が多いのが一つの特徴です。

もちろん学校によっては専門の指導者がいなく教えてもらうことができなかったり、趣味で楽しんでいる人も教えてくれる人がいなかったりと理由は様々でしょう。

 

しかしフットワークがしっかりと身についていればフォームも安定しますしショットも安定します。

実はフットーワークには決まった法則のようなものがあるのです。

それは足の運び方です。

上手な選手でラケットワークが独特でもフットワークが独特な足の動き、という人はまずいません。

まずはこちらの動画を見てください。

このシリーズを元にフットーワークの足の運びを見て欲しいのですが上手くなれなくて悩んでいる人はフットワークを練習してください。

最初は遅くてもいいです。ですがこの足の動き(フットワーク)ができないことにはどれだけやっても上達しません。

いいですか。このシリーズの足の運びをしっかりと見て反復してください。

学校で指導者がいなかったり、趣味でバドミントンをやっているけれど上手くならないと悩んでいる人はまずはフットワークの反復をしてください。

上手くならないからと毎日羽打ちをしている人を見ますが、原因はフットワークにあります。

フットワークが上達することによりシャトルに伝わる球の威力も変わりますし、今まで苦手としてたコースへ素早く入れるようになります。

バドミントンの動画を見る時はシャトルだけ追いかけがちですが、上達に悩んでいる人はフットワークだけ見てみたり、あえてフットワークだけの動画を見ることをおすすめします。

何故ならば普通の試合だと早くてシャトルばかりを追いますが、上達するのに大切なことは足の動きを体に染み込ませることです。

そして法則じみているフットワークの反復練習です。これが上手くなる近道です。

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。元バドミントンネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。