メキシコグアダラハラの情報とTABIMINTONが宿で外人にブチ切れた話

サイレンの聞かない日はない

ここに来る前の首都のメキシコシティでもそうでしたが、基本的にサイレンの聞かない日はないグアダラハラ。

夜になると特にサイレンの回数が増えるような気がします。

こっちの警察官って大変そうだなって思うこともあるけれど、警察なんてどこの国も大変か。

規律がゆるい分メキシコの方がストレスは少なそうだけど、殉職するのも多そう。

日本で自殺する警察官と、殉職するメキシコの警察官ってどっちが多いんでしょうかね。

 

地図で説明

僕の今住んでいる生活拠点を地図で表すとこんな感じ。

危険地区となっているところは昼間でも立ち入りをしない方が無難。

それだけ何かあっても保証できない地区。

街の中心部まで毎日30分ほどかけて歩いて行ってます。

絶対的な安心はできませんが、パトカーのサイレンが鳴り響く以外は特に問題なく過ごしています。

 

グアダラハラの市場

グアダラハラの市場(メルカド)は街の中心部にあります。

街の中で「ドンデ エスタ メルカド?」(市場はどこですか?)と聞くと教えてくれるでしょう。

街の市場は野菜もありますし、果物も豊富。

バナナが1kgで60円しない程度で購入できますし、その他の野菜も安価で購入できます。

 

タコスは飽きる

メキシコ人はあまり飽きないみたいですが、僕はタコス飽きますね。

今は太りたいという願望があるのでほぼ毎日1食はタコス食べてますけど。

野菜が好きな僕は市場で野菜買って野菜サンド作ったりしてます。

タコス毎日でも飽きないって人もいるのかもしれませんが、屋台の食生活に飽きてきた人はメルカドで野菜を購入して自炊しましょう。

 

市場のすぐそばには巨大フードコートも

そんなに多くここで食事はしませんが、時たま食べる程度。

市場のすぐ横にはデパートのような作りの巨大なフードコートがあります。

結局中のテナントも大半がタコス屋ばかりで、魅力的ではないですがw

こちらは1階2階とフードコートになっています。

 

虫も食べる

あんまり中南米で虫を食べるイメージってなかったですが、こちらの人も虫は食べるようですね。

なんかアジアっぽい。

僕はこういうの食べることできるんで食しましたが、つまむのにいいお菓子って感じの食べ物です。

市場ではないですが路上で売ってます。

 

グアダラハラで美瑛

グアダラハラには日墨会館なるものがあって、詳しいことは分からないのですがおそらく昔移民をしてきた日系の人たちが作り上げたコミュニティーだと思います。

これらのようなところは中南米にはところどころ存在しているのではないでしょうか。

グアダラハラでも日墨会館があったのでちょっとどんなところか見てきました。

でもあまりおすすめできないのが、日墨会館がある場所が危険地区の入り口付近になっているエリアなんです。

 

グアダラハラで見た美瑛

日墨会館では日本語の授業をしていて片手で数えれる程度の少ない日本人が約500人の生徒を相手に授業を行なっています。

そんな建物の中に日本の地図があったのですが、その中で日本を代表するいくつかの場所を伝えている中に唯一北海道からは美瑛が。

僕もメキシコに来る前は日本にいる時に美瑛でお店をやっていたのでちょっと嬉しかったですね。

それに去年まで住んでいた淡路島もこちらで紹介されていたので、こちらも嬉しかったです。

 

外人に切れる

宿に新しくやってきたオーストラリア、イギリス、アイルランドの3人組。

調子の良さげな奴らで“部屋の中が騒がしくなるかな”と思っていたら、

部屋に入るなりいきなり殴り合いの喧嘩を始めるw

“なんなんだよこいつらはw”

なんて思っていたら、三人のうちの一人が「日本人にも謝れよ」と言って謝りにきた。

「わかったからまあ落ち着けよ」とだけ伝える。

おそらくこいつが喧嘩っ早い↓

 

朝の口喧嘩で

その晩はそれから何もなかったが朝になって口喧嘩が始まりぶちぎれる。

「うるせーんだよ!何時から喧嘩してんだ!静かにしろ!!」

僕、結構外人には簡単に切れる。そうでも言わないと本当に外国人は分からないやつ多いから。

するとその後、朝食時に一緒になって

「昨晩と朝は悪かったよ。でさ、俺のインスタにすげーかっこいい写真があってさ」

と、なんの反省もなくインスタを見せてくる。こいつら↓

外人のこういうあっけらかんとしているところもわりと好きです。

ぶちぎれても険悪な関係にならないみたいな。

 

スペイン語の勉強を

ぼちぼちと始めるようになりましたね。

本格的とは言わずもアプリで勉強したり、翻訳で勉強したりするようになりました。

ちなみにメキシコは他の中南米と違ってメキシコだけでしか使わないスペイン語がある様子。

僕自身は10年前に南米にいたこともあり、多少のスペイン語は話せるものの、やっぱり日常会話くらいのレベルにはもっていきたい。

スペイン語は日本人には馴染みのない言語だけれども、発音が日本語発音で基本的に問題はないので使いやすさと覚えやすさはあるんです。

ただ日本にいると使う機会がないのでどんどん忘れていく状況。

今もリハビリ感覚で少しずつ思い出していますがそれプラス、スペイン語でもっと会話ができるレベルになりたいですね。

今の段階では宿では英語とスペイン語のミックスで会話することが多く、外に出るとスペイン語しか通じないのでスペイン語で生活している感じです。

 

まとめ

さてグアダラハラに着いて1週間程度。

バドミントンメキシコ代表チームからの連絡はまだなく、彼らが帰国するのを待っている状況。

お目当のオパールも買い付けに行ったので、日中は散歩がてら近所の人との会話でスペイン語の勉強をして、夕方はオカリナ吹いて遊んだり石を編んでます。

まあ焦っても何も始まらないし、のんびり石を編んで日々の散歩を楽しみ、気が向けばオカリナを奏でる。

そんな一日の過ごし方が嫌いではありません。

治安の悪いメキシコですが、なんとなく旅人っぽく遊んでます。

旅人って普段何して遊んでるのか知らんけど。

TABIMINTONはできてないけどねん。

おわり。

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。バドミントン元ネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。一般社団法人JADP公認メンタル心理カウンセラー&上級心理カウンセラー。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。