ネパールで歯医者に行くのに心配はいらない。日本語の通じる歯医者がある!

hassy
どういう訳か今までにベトナム、オーストラリアと海外で歯医者に行くことの多い僕。まさかのネパールでも歯にトラブルが起きて歯医者に行くことに。でも、心配はいりません。この歯医者は受付も先生も日本で学び日本語OKです!

 

ネパールの首都カトマンズにある歯医者は日本語OK

※画像は先生と受付の奥さん

バックパッカー、ボランティア、出張でネパール、もしくは近郊に来ている日本人の皆さん。今これを読んでいるということはネパールで歯医者を探していますね?

そんなあなたに朗報です。海外で歯医者行きまくりの僕がネパールで安心して行ける歯医者を紹介します。

ちなみに僕はちょっとしたトラブルで歯が割れてしまいこの歯医者で歯を抜くことになりましたからw

まじで辛かったですが、先生の腕はお墨付き。

日本では九州医科大学で勉強し、8年間の日本での勉強の経験があるので日本語は問題なし。ついでに言うと受付をしている奥さんも日本語ができるので、外国で歯医者に行くのに一番心配な語学の壁は全くありません!!

 

衛生面、医療事情は?

※画像はここの歯医者

衛生面に関して言うと、確かに日本に比べると不安はあるかもしれませんが、僕個人としては特に気にしていません。

特に緊急を要することでしたし、今これを読んでいるあなたも緊急を要しているからここにたどり着いたのではないでしょうか?

予防接種の関係でネパールの他の病院にも行きましたが、私服で働く病院に比べるとしっかりと清潔な制服で、使用する医療機器もしっかりと消毒を施していたので、そこは日本で学んだ土台があるのでしょう。

 

先生の腕前は?医療保険は?

 

すごく気を使ってやってくれますし、外国で医療にかかる不安というものを理解してくれているので問題なし。

またこの歯医者は日本のJICA御用達の歯医者でもあるのでバックパッカーの皆さんも安心して行けるところです。

外国で生活経験のある先生がやってくれるというのはこちらの不安も理解してくれるので本当に安心して治療を任すことができます。

腕前は?

悪くはないのではないでしょうか?歯医者の腕前って一度だけで判断することはできませんが、特に日本の歯医者より劣るとは思いません。

またJICA隊員の中でも評判が良い歯医者なので信頼は厚いものがあると思います。それを知っただけでも安心ですね。

医療保険について

もちろんですが海外医療保険に適用されます。

保険に入っていない場合いくらぐらいの治療費が取られるかはちょっとわかりかねますね。

おそらくですが数万円は取られるのは仕方がないのではないでしょうか。

 

場所はどこにあるのか

こちらがこちらの歯医者のアドレスと電話番号です。

手書きで書いてあるのは携帯番号なので、緊急を要する時以外は下に記載してある電話番号に電話してください。

受付の奥さんが電話に出ますが、日本語OKです。安心でしょ?

場所に関しては説明しにくいので名刺に書いてある画像をスクリーンショットするかメモしてタクシー運転手に伝えましょう。

歯医者の入り口の画像はこちらになります↓

海外で歯医者に行くことはとても不安が付きまといますが、そんなあなたがこちらのサイトを見て安心してこの後も旅や他の活動ができることを祈っています。

お大事に。。あ、俺もか。

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。バドミントン元ネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。一般社団法人JADP公認メンタル心理カウンセラー&上級心理カウンセラー。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。