八重山諸島の宮古島と瀬戸内海の淡路島に移住して島暮らしの比較をしてみる

沖縄県の宮古島と兵庫県の淡路島では比較の対象になるか分からないけど、せっかくなんで色々と島暮らしを比較してみましょう。

島に移住をしようとしている人のきっかけや参考にしてください。

居住

宮古島

宮古島は台風が直撃することは実はあまりないのですが付近を通ることはよくあるので家はコンクリートの造りが一般的です。

きっと多くの人がイメージするコンクリートの沖縄の家ですよ。

見た目の味気はないですが逆にあの味気なさが日本の南国という雰囲気と外国感を出します。

家賃の相場は年々上昇しているイメージがあり家探しも容易ではない感じでしょうか。

淡路島

古民家などの空き家が多くありますが手入れが必要な家が多い感じです。

貸家よりも売家が多くていきなり移住してくる人には購入というハードルは高くなかなか手が出ないかもしれません。

空き家はあるが売りたいという家主が多く移住者と家主の希望がマッチしていないイメージ。

家賃相場はあるものの、相場より安く借りている友人も多くいるため交渉次第というとこはあるでしょう。

宮古島よりは個人的に安く感じる相場です。

 

居住に関しては移住者にとって重要な問題。

宮古島も淡路島もそうですが、移住者と空き家のいいマッチングができないのが課題。

国内では空き家問題があって田舎に行けば簡単に家が探せるかといえばそれとこれは別問題ですね。

宮古島だと空き家があってもそのまま仏壇を置いておくため、家を貸家にしたくない人が多かったり家主と連絡が取れないことが多いです。

一方淡路島だと空き家はあってもその後の管理をしたくないために売りたい家主が多い。

このようなミスマッチはどこの移住先も解決に苦慮していると思います。

 

暮らし

宮古島

物価は物にもよるけど比較的高めのイメージがあります。

本島や沖縄本島からの輸送になるためその分のコストは否めない。商品によっては遅れて入荷してきます。(漫画とか雑誌とか)

南国のゆるさはあるとは思うけど個人的に気にしたことはなくむしろ合っていました。

年配の人たちが話し始めると言葉の違いのすごさが面白くて外国感満載。

どこに住んだとしても車は必須のアイテム。山や川がないので寂しい人には寂しいのかも。

各地の祭りが独特でだったり奇祭が多いためとても面白い。また音楽フェスなども多いからフェス好きにはたまらない島だと思います。

 

淡路島

本島と高速道路で繋がっているため物価は高いと言われるけど、瀬戸内で採れる野菜が安いため個人的にはあまり高くは感じていません。

宮古島から来たためか淡路島の人はゆるいと言われているがあまりその感じはしません。(優しいけどね)

山道や細い道が多く主要道路は意外にも渋滞が多い。特に通勤時やイベントの時の渋滞はひどいです。

移住支援センターのスタッフや地域おこし協力隊が積極的に動いているため、コンタクトを取れば移住は楽な方だと思います。

小さなイベントが多く島のあちらこちらで開催されているし、島を出て四国や関西のイベントに行くことも簡単。

夏はレゲエなどのイベントも島で楽しむこともできます。

意外かもしれないけど海が綺麗。お城と城下町があるのは個人的に好きですね。

 

宮古島でもイベントは様々やってはいるけど、関西や四国のイベントに行きやすい淡路島はその点もっと楽しめるかも。

イベントの種類も豊富にあるのでSNSで情報をキャッチすることをお勧めします。

淡路島は分かりませんが宮古島に関しては国際空港ができたりするので暮らしや街の景観が大きく変わる可能性があるでしょう。

それに伴った物価の変化もありうるかもしれませんね。

 

地元の人と移住者

宮古島

移住者に関して言えば全国各地から移住して来ている感じです。年齢層も30代から70代までと幅広く。

移住者の目的も多角的なイメージ。南国で生活をしたいという人から人生に色々あった人、ダイビングをやりたい人など。

移住者同士の交流も盛んに行われていて情報交換もできます。

地元の人は優しく受け入れてくれる気質があります。

島独特の横のつながりが根本的に備わっているため安心ができる一方、アルコール中毒に陥っているおじさんも比較的多い。(沖縄全体の問題)

地元の人は本島の人とは文化や生活が違うため多少の意識や常識が違うことに関しては地元の人を尊重すべし。

 

淡路島

移住者の多くは関西四国からの移住者が多いイメージです。

関西四国から移住しやすく、かといって離れすぎてもいないので良い場所なのではないでしょうか。

今のところですけど移住年齢層は20代〜40代が多いイメージ。宮古島のように60代の人がのんびりと、といった感じの人はまだ見かけていません。

移住者の交流も盛んに行われていて子育て世代が多いです。

地元の人は優しく壁はないがあまり干渉しない感じ。

宮古島のような島独特の横の繋がりというのは今の所あまり感じていません。

個人的には「島人」という感じは地元の人にはあまりないかな。

 

地元の人に関して言えば、淡路島ではそこまで深い付き合いをまだしている人があまりいないので比較できる何かにはなりません。

でも移住者層に関して言えば上記したようにはっきりと別れると思います。

住んでいる人には分からないかもしれませんが僕にとっては面白い移住者層です。

どちらかというとやりたいことを明確にして移住しているのは淡路島の方が多いような気もします。

 

仕事

宮古島

仕事に関しては選ばなければあります。

季節労働もありますし介護系、サービス系、観光業が今後不足してくるでしょう。特に観光系は英語や中国語が話せると重宝されます。

基本的に人手不足は否めません。

ただネットで仕事をしている人は台風時の停電に注意が必要でしょうかね。特に島の中心部から離れると復旧に少し時間がかかります。

女性ですとボディーケアやヒーリングなどの仕事を立ち上げている人も多いです。

淡路島

宮古島に比べるとバリエーションは少ない気がしますが神戸や徳島に働きにいくことができます。(高速代かかっちゃうけど)

口コミで季節労働の仕事も入ってくるのでそれだけで繋いでいくことも可能かもしれません。

宮古島のように観光業はさほど盛んではないと思います。

僕の周りの移住者は畑仕事をやっている知人が多い印象でしょうか。

海や畑に恵まれた土地なのでそういった仕事が好きな人には楽園かもしれません。

 

まとめ

そもそもが宮古島と淡路島が比較になるかはなんとも言い難いところですが、島暮らしという共通点はあるでしょう。

細かいことを言えば様々な共通点はありますが、共に共通して言えることは移住している人間が面白くて行動的ということでしょうかね。

イベントを興してみたり新しい試みを始めてみたりと。

それに起こす事柄によっては都会よりも田舎や島の方がやりやすいということも実際はあります。

自治体がすぐに動いてくれたりするのは間違いなく田舎や地方の島だったりしますからね。

きっと1億人も日本人がいるんだから「宮古島か淡路島で悩んでた」という人のための参考になれば嬉しいです。

まあこの2つの島で悩んでいるあなたは相当な島呼ばれ方をしているとは思いますが。

これをきっかけに島暮らしや田舎暮らしの参考になればありがたいです!

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。元バドミントンネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。