LAでガイドブックもマップもカーナビもない時に黒人に追いかけられる

カーナビねえ、マップもねえ、オラこんな国いやだぁ

てっきりロサンゼルス着いたら空港にレンタカーを借りれるところがあったかと思ったら、全然違うところにあってガイドブック持って来ればよかったなぁ、と。

「あ、そういえばガイドブックとか持ってくるの忘れたよ」

なんて思いながらもどっかでフリーwifi拾うかカーナビあればいいかなんて思っていたのが大間違いの始まりでした。

 

カーナビなかった事件

日本語の付いているカーナビをオプションでつけた場合追加料金がかかるって聞いていたんで、まあ英語のカーナビでもいいやなんて思っていたんです。

「はい、あそこに車止まっているから好きな車乗ってっていいよ」

ってアメリカのレンタカー屋らしい対応を受けながら、ミニバンに乗り込んでいざ出発。

出発して数分。

あれ?もしかして英語のカーナビすら付いてない?!

え?マップもカーナビもない感じー?!

完全な想定外ww

 

とりあえず走る

まあ考えても仕方ないんで、とりあえずLAの街中をうろうろしてなんとなく覚えていた「10号線を走れば目的の町には着くはず」というわずかな記憶を頼りにルート10を探す。

街の人に「ルート10どこ?」って何人か聞いて判明したのは“ルート10はフリーウェイ”だっったっていうこと。

無料の高速道路ですね。

で、なんとかルート10の入り口を見つけていざ目的の町へ。

 

案の定迷う

だって、このフリーウェイ6車線もあって色んなフリーウェイとか出口とかもうLA童貞の僕からしたら、まあ全く持って分からない。

気がついたら明らかにルート10から外れたフリーウェイを走行しているじゃありませんか。

ねぇ、ここどこ?

ねぇ?!

ねえええ?!

ねええええええってばーー?!!

KOKOどこYOーーーーーーー!!!!!!!!

 

黒人が追いかけてくる

気がつくとLA近郊のどこかの街中をうろうろと。

「いやー、もうだめだー。日本に帰りたいよー」なんて思いながら車を走らせていたわけですよ。

ちょっとトイレにも行きたかったんで、適当なガソリンスタンドを見つけて少し休憩。

この写真を撮って、用を足して車に戻る時に3人乗った黒人のグループにすれ違ったんです。

なんとなく目で追って、僕も車に戻りちょっと嫌な予感がしたんでバックミラーでさっきの黒人たちをチェックすると

車降りてこっち向かってきてるぅぅぅ!!!!

速攻ギアを入れて走り出すと、

走って追っかけてきたあああ!!!!

 

頼むぜアメリカ

お願い。お願いだからアメリカよ。一旦落ち着かせてくれ。

地図もカーナビもなく彷徨い人の俺をどうか襲わないでくれ。

というか、この一件で夜中はどこかに留まらずに一気に目的の町に向かうことにしましたね。

え?どうやって?

さて、マップもカーナビもないのにどうしようか。

 

2018年にコンパスを使って走る

結局のところ出せた答えが

iphoneのコンパスを使ってとりあえず東に走る

どこかでフリーwifi拾えると思っていたけど、スターバックスはすでに閉店していたし、マクドナルドは治安的にあまりいい雰囲気がしなかったので、

まさかのコンパス。

さすがにに、自分でもアメリカに来てコンパスで目的地を目指すなんて想像すらしてませんでしたよ。

 

コンパスの奇跡

コンパス使ってとりあえず東に東に走りましたよ。大きな道も住宅街もひたすらコンパスの指す東にね。

そしたらなんと数時間後にルート10発見!!

胸をなで下ろして再びルート10に。

今度はなんとか注意をしながらルート10をひたすら外れないように東に向かいました。

スマホに入ってるコンパスのアプリ使ったことあります?

やっぱあれ必要だからスマホから消さない方がいいですね。

 

ルート10を夜中にひたすら東へ

もうね、アメリカのフリーウェイをただただひたすら走り続けました。

一刻も早く目的の町に行って安心したかった。

夜中の西海岸アメリカはあんまりどこかに寄るもんじゃない。

 

もうドラクエの世界

10時間くらい寝ずに走ってLAからアリゾナのフェニックスという町に着いて、まずマクドナルドで、朝マックしながらフリーwifiを拾ってグーグルマップで紹介されたアメリカ人の家を目指すわけです。

でも使えるのはこここのマックだけですからここでマップも写メ。

しかし、朝でもマックの治安というか客層はよくないですねー。

そして人に色々尋ねながら目的地に着くのに、完全にドラクエの世界。

そもそも、目的の町まではなんとか着いたとして、紹介されたアメリカ人の家までは不可能だと思っていましたからね。

マップもカーナビも無しでコンパス使って町に着いただけでも、自分のこと褒めてたんですがね、まさかの知人の家まで到着しました。

送られて来たアドレスは「296 hillside Ave」のみで。

すごいもんですね、やっぱりなんとかなるもんです。

 

まとめ

えーっと、ブログで読んだらなんか結構うまくいっている感じに見えますが、本当に最初は絶望的になりましたよ。

まあ全ては自分が起こしていることだけどマップなしカーナビ無しで650キロくらい離れた、友達の紹介してくれた家に着きましたから良しとするけど、

困ったのはこれから。

車を借りた場所を全く覚えていないw

さて、また知恵を絞らなきゃいけないですね。

とりあえず考えても仕方ないんで、帰るときに考えながらドライブでもしますか。。

紹介された友達のところでは狼と一緒に生活しています。

狼は賢いし、温厚。やっぱり飼いたくなりますね。

でわでわ。

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。バドミントン元ネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。一般社団法人JADP公認メンタル心理カウンセラー&上級心理カウンセラー。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。