生き方

生き方

コーチングって知ってます?是非ともおすすめしたい人生に必要な新たな形

日本ではまだ馴染みの薄いコーチング。コーチングと聞くとどうしても日本人はスポーツでのコーチなどのイメージが先に浮かぶかもしれませんが、ちょっとそのイメージを一旦外して、全く新しい形で捉えてみてください。ここで言うコーチングとはあなた(クライアント)との対話を通す中で、あなたが本当にやりたいこと、あなたが今やろうとしていることへの解決を導き出してくれること、実社会で生きていく中で様々な気づきを与えてくれることこれらのような役割を果たしてくれるのがコーチングです。アメリカなどではスポーツ選手や企業のトップは元より、多くの一般人でもコーチングを通して自分の中に眠る能力や思考をさらに強いものとし人生を通して活用されているのは有名な話です。
生き方

これからの働き方は本当に個人の時代になるのか?3・40代は狭間の世代?

「終身雇用崩壊」「定年70歳」「社畜」色々な言われ方をして今現在会社員として働いている人はやはり焦りや悩みはあるものなのか。しかし、もちろんながらフリーランスで働く人も同じように焦ることもあれば悩みもあることでしょう。何かとここ数年は「会社員はもうやめて個人で稼ぐ時代!」なんて言葉がネットやニュースで乱立しています。挑戦に年齢なんて関係ない!なんて言葉もよくありますが、実際は20代の頃のチャレンジ精神と、50代になった時のチャレンジ精神は同じモチベーションで行けるか?と言われた時に難しいものがあるのも事実。また今まで言われたことをやってきた人が急に自分で何かを始
hassyってどんな人?

TABIMINTONはバドミントンコーチ事業Office 4 dimensional gypsyを開設

TABIMINTONはこのブログのタイトル。最近では使い勝手がいいため、都合が良い時は自分のことをTABIMINTONと名乗ることも。ブログ上だけですが。さてくだらない与太話はここまでにして2019年5月5日より日本の北海道にて個人事務所Office 4 dimensional gypsyを開設しました。ホームページはこちら↓
生き方

バドミントンx旅人xクリエィティブ あなたは自分の人生で何と何を掛け合わせるか

僕の場合、バドミントンで全日本ジュニアで優勝はしたものの、それは過去の話でありその後バドミントンにさほど関わっていない生き方を選んでいたので、賞味期限は完全に切れた実績。 旅人と言っても旅人は何かで測れるものではないので、国内外を何年旅しようがどれほどの国に行こうが実績として残るものではない。因みに、国と地域を合わせれば100は超える場所は旅している。 ブログの実績としてもどのくらいのアクセス数でどのくらい稼げば一流と呼ばれるか定義はできないが、月間にして3万pvに届かない程度の実績なので、トップのブロガーからすると三流。 しかし、バドミントン界において海外でバドミントンの代表コーチをしながら旅をしてブロガーとして発信している人は他に見当たらない。 要は全て三流のスキルを掛け合わせて希少価値を作り上げているということです。
生き方

人生が常にモヤモヤしている不安や心配がなくならない。どうやって豊かな人生を過ごすのか?

多くの日本人が今までの文化的背景や、長年植えつけられてきた教育の概念から“自分自身を許す”ということができずに悩みを悩みとして抱え苦しんでいます。 許すという行為は何も対象を他人に限らせたことではありません。大切なことは、他人よりもまずは自分を許すということから始めるのが第一歩。 そしてその第一歩は終わりを意味します。 自分を許すとは? 一言に許すと言っても漠然としすぎて理解ができない人もいるかもしれません。 この許しを知ることにより大きく自分が変容できるということになります。 ネガティブに考える自分を許す 上手くいかなかったことも許す やりたいことをやって良いと自分に許しを与える 周りと比べてしまう自分がいることも許す 他人から笑われている自分がいても許す 過去にとらわれている自分がいたとしても許す 将来に不安ばかり考える自分を許す 人のせいにばかりする自分を許す 許すことと許しを与えるということ 上記に書いている中で、気が付いてもらいたいのは「自分を許す」ということと「自分に許しを与える」ということです。 自分に許しを与えることで、今まで動き出せなかった自分が動き出せることもあるでしょう。 要は今まで自分に許しを与えていなかったことにより、自分自身に勝手に制限をかけていたのです。 あなたに制限をかけていたのは他人ではありません。許しを与えていなかったあなたの「許可」です。 自分を許すと他人を許せる これができると次は他人を許すということができるようになります。 他人を許すということができるようになると、ここで多くの悩みやストレスは大幅に無くなります。 なぜなら自分自身を許しているのだから、他人に対して悪意を抱くことがなくなるからです。
生き方

スキルとスキルを掛け合わせて生きる人生はどんな生活?サラリーマンとは違う人生を味わおう

2018年2月現在。僕は概ねこのような感じのスタイルで日々を過ごしている感じです。 これはある意味自分の得意分野と好きなこと、やりたいことだけを掛け合わせて作った自分なりの人生テーマのようなものです。 むしろ逆を言えば一般的なサラリーマン生活ができなかった結果このような生き方で生きていこうとなっただけ。 好きなことと、得意なことだけやってみようとなったわけです。 バドミントンコーチ 現在はJICAの制度を利用してネパールで代表クラスのコーチを行なっています。 と言っても、活動は朝の午前中だけなのでそれ以降は完全なるフリー。 カフェでのんびりしようが、観光地に行って観光しようが、買い付けをして日本に発送しようが完全に自由なわけです。 バドミントンに関しては学生の頃に全日本ジュニアで優勝しているのである程度のスキルは備えています。 一緒にプレーしてやることはないものの、コーチングとして教えるくらいのスキルは一応あるということですね。 また収入に関しては給料という名目ではありませんが、活動費という形で問題ない収入を与えてもらえます。
生き方

やりたいことが分からない。でも探すのを諦めたら試合終了だよ?

僕がここ数年若者から聞く言葉。「やりたいことが分からない。」 そして、相談されることもしばしば。それは僕が自由に生きているように周囲から見ると見えるからでしょう。 でも、そんな僕でも“やりたいことが分からない”という時期を過ごしたことがあるからこそ、そんな若者の少しでも手助けや参考になるきっかけを与えていきたいと常に思っているんです。 やりたいことが分からないのは君のせいではない やりたいことが分からないのはあなたのせいではありません。これは日本の教育上、やりたいことが見つからないように教育をされているので、あなたが悩むことではありません。 僕たちが受けてきている義務教育は“言われたことをやる”教育なのです。それを変えることは学校の先生では無理なのです。なぜか。 学校の先生も試験でしか社会を知らないからです。 与えられた課題に対して試験を受けて合格する。そして先生になるのです。多くの学校の先生はこれなのです。 そして答えを出さなければいけない授業ばかりなのです。社会に出ると答えなどなくても良いのです。
生き方

子供が教えてくれたサンタクロースを信じることの本質

クリスマスイヴの夜に彼女の娘の枕元にそっとプレゼントを置いてお風呂に入っていた時です。ふと“なぜ子供は願いが叶うのか”と思いました。 答えはすごく単純。 子供はごく純粋に一点の曇りなく「サンタさんがプレゼントを持って来る」と信じているからもらえるのです。 え?言っている意味がわからない?親がサンタさんの役をやるから子供はプレゼントをもらえる? 全く持ってお話になりませんね。笑
生き方

気がつけば100万人に1人の存在という希少価値を高めるために行動している

この本に書いてあることは簡単に言うと3つの分野で100人に1人の存在になれと言うことを書いています。そして自分を「レアカード化」することがこれからの時代に生き残る方法であると。 要は何かの分野で100万人に一人になるには途方も無い努力が必要。でも一つ一つの分野で100人に一人の存在になればそれを3つ掛け合わせることで100万人に1人の存在になる「レアな人間」になるということです。 それを目指すには1つの分野で1万時間を費やすことが最低限の時間のかけかたであるそうです。思い返してみると自分は2つの分野での100人に一人のカードは持っていました。
生き方

今日死ぬと思って生きているか

去年親友が目の前で死んでいった。その時に決めた。「やりたいことをやる。自分の心に従って生きる」と。自分がどのようにして生きていたいか。何をして人生を楽しみたいか。周囲が作り上げた常識で自分の常識を作り上げることはない。死ぬその瞬間に後悔だけは絶対にしない人生を過ごす。「あぁ、俺の人生はもうこれまでか。あれをやりたかったな、こんなこともしたかったな」絶対にそんなことは頭に浮かばない。今、目の前に銃口を突きつけられたとしてもだ。
タイトルとURLをコピーしました