高校をやめたいけど親に言えない?その前に見てみてよこのブログ!

高校魅力化

こんにちわ!北海道の幌加内高校で「高校魅力化コーディネーター」として高校の職員室からブログ発信をしている世界を旅していた旅人のhassyです!ちょっと面白い高校を紹介するから見てみてよ!

ツイッターアカウントはこちら→(@tabiminton

高校はめんどくさい?

「高校行くのはめんどくさい」「高校で嫌な先生がいる」「高校なんて意味がない」「高校やめたいけど親に言えない」

そんなことを考えている君は別に特別なことではないですよ。

僕だって高校をやめようとしたし、めんどくさかったし、勉強嫌いだったし、嫌な先生もいました。

ちょっとツイッターで検索をすると高校をやめたいと思っている友達はたくさんいるよね。

大学に行っても大学をやめたくなる時もあれば、大人になって仕事をやめたくなる時もあるのは特別なことじゃない。普通のことだよ。

何も心配はいらない。心配なのは親に言えない、言っても聞いてもらえないことだよね。

地域みらい留学365って知ってる?

今僕が北海道にある幌加内高校でやっている仕事は「高校魅力化コーディネーター」といって、高校の魅力や地域の魅力を発信する仕事なんだけど、実は幌加内高校では1年間北海道の田舎で国内留学をさせてくれる学校なんだ。

地域みらい留学|公立高校進学における、もう一つの選択肢。
「地域みらい留学」とは、北海道から沖縄まで日本の各地域にある魅力的な学校に入学し、充実した高校3年間をおくること。豊かな自然、ここでしかできない体験、少人数教育など、魅力溢れる「地域みらい留学」情報満載の公式ホームページです。

2020年から国の政策で始まったこの制度は、全国でいくつかの学校が認可されていて、今の学校が合わない、もうちょっと違う経験をしてみたい、学校はやめたいけどやめた後に何をやればいいかわからない、そんな君にぴったりの制度だよ。

この制度に選ばれている高校は普通の高校とはちょっと違う変わった高校ばかり。

例えば僕が仕事をしている幌加内高校では学校の授業でベーカリーやカフェ、そば打ちだったり農業など、みんなが高校を卒業した後にすぐに実践として使えることを勉強できる学校なんだ。

実際に高校を卒業しても古典の授業は役に立たないし、因数分解を使うこともない。社会に出て大事なことは自分がやりたいことができることだよ。

専門を学ぶ

高校で今までのように義務教育をだらだらと学んだところで、それは社会に出てどれくらい必要になるかな?

それよりも専門的で、実践的な勉強を経験して社会に出るとさらに実社会に近い形で成長ができるし、何よりも無駄な時間にならない。

座学ばかりの勉強だと、授業で寝ているだけか教科書にいたずら書きをしているだけじゃないかな?

でも僕の働いている幌加内高校は実戦形式の授業が多いから、毎日机に座っているわけではないよ。

実はこういう学校って全国にたくさんあるってことも知っておくことも大事なこと。

今の高校に入学はしたものの、自分の感覚と何かが違ってやめたいと思うなら他の高校に行くことも考えてみてはどうだろう?

幌加内高校のホームページはこちら↓
北海道幌加内高等学校 |

親に言えない?

  • ダメに決まってるじゃないか
  • 高校やめてどうするんだ
  • なんでみんなと同じように通えないんだ
  • 高校は卒業しなきゃダメだ

それはこんなことを言われるのが想像できちゃうからじゃないかな。

たったその一言ってなかなか言うことができないよね?

でも親が言うことが世界の全てではないし、絶対的な正解でもない。

確かにお金を出してくれているのは君たちの親かもしれないけど、君の人生の決断をするのは君の大事な権利だ。

そのことで悩んでいるならまずはこの記事を親に見せて、転校したいことや国内留学という制度があることを知ってもらおう。

勉強するだけの高校って面白い?

君が高校をやめたいと考えているのは勉強が面白くないからじゃないのかな?

勉強なんて面白くもないし、社会に出て役立つことも正直なところそんなに大したあるわけではないんだよ。

僕だって高校で習った古典の授業は全く自分の人生に生かされていないし、数学で習った因数分解だって何一つ役にも立たない。

それなのに学校の先生は成績で評価して判断をしようとするよね。

大丈夫。今こうして高校で働いている僕が言うのだから問題ない。

そんなことよりも僕が今働いている幌加内高校のように実践的な授業をやっている高校だってたくさんあるってことをまずは知ってみよう!

授業でカフェやベーカリー?

そもそも僕だって高校って数学や英語、国語や社会など中学校でやってきたことの延長だと思っていた。

実際に高校に入ってみるとやっぱり同じで、正直どの授業も机にうつ伏せになって寝ていた生徒だったよ。

でも今僕が仕事をしている幌加内高校は学校でベーカリーを作り、カフェを運営する授業を行なっている。

例えばこの授業は6次産業授業といって、農業授業で作ったものを加工して販売まで行うというプロセスを学校の授業で行なっている一つの授業だよ。

流れはこういうことだ。

「1次産業」

農業を学びまずは自分たちで食品になるものを“生産”していくことを経験として学んでいく

「2次産業」

それらで育った作物を“加工し自分たちで調理”して商品となるものを実際に作っていく

「3次産業」

商品となったものを自分たちで“お店作りから学び販売”をしていく

これが6次産業というものだ。

実際には6次までの工程ではなくて1次 x 2次 x 3次で6次産業ということだよ。

実際に社会で大人がやっていることを高校で学べるということだ。

高校とは一番成長できる時期

実際に僕が大人になって思うこと。

僕は大学を卒業したあと、一度は就職したものの世界を旅する旅人となりたかったから会社をやめて旅に出た。

でもやっぱり後悔しているのは、高校でもっと英語を勉強していればよかったなって思うことが多かったよ。

大人っていうのは贅沢な生き物で、大人になってから「学生の時にもっと勉強を」ってほとんどの人間が痛感するんだ。

「そうならないために高校で勉強しろ」

そんなことは僕は言わない。

でも一番自分の能力が伸びるのは高校という時期であることは間違い無いのだから、その高校時代で学びたいことを学べばいい。

勉強が学びたくないのなら、僕が仕事をしている幌加内高校のように、様々な特色を持った高校は日本にはいくつもある。

地域みらい留学もそうだけど、まずは地元の近くや自分が住んでみたい地域などで特色のある高校を探してみてはどうかな?

まとめ

親や先生のいうことは正しいこともあれば、間違っていることもある。

嫌なことから逃げるのが悪いこともあれば、それが正しいこともある。

もちろんこの記事を書いた僕の言っていることが全てが正しいとも思ってはいない。

でも、君がこのブログを読んでいるということは高校をやめたいから読んでいるんだよね。

「高校やめたい」

その一言を親に言うのが難しいのなら、親と一緒にこの記事を読んでみてはどうだろうか。

幌加内高校の職員室で高校の様々なことも発信しているからツイッターからも色々見てね→(@tabiminton

ライン登録もよろしく!

幌加内高校のホームページはこちらから↓
北海道幌加内高等学校 |
僕のやっている仕事はこちら↓
高校魅力化コーディネーターって何やるの?北海道幌加内高校編
北海道の幌加内高等学校で高校魅力化コーディネーターとして活動しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました