ブログをやっていると分かる人間の行動心理と今後の変化

僕の独り言

数字で現れる検索

コロナウイルスで外出自粛がかかり、明日にでも東京都内ではロックダウンの発令がなされる4月6日現在。

ブログをやっていると面白いもので、ブログの検索具合からどのような人の流れが変わるのかがわかります。

これはそのブログがどのジャンルに特化したブログであるかが影響度も変わってくると思いますが、意外なところでブログの検索が上がってきた記事がいくつかあるので取り上げていきます。

自らブログや動画チャンネルなどを持っている人は、同じようなことが起きている人は多いのではないでしょうか。

 

移住記事が上がってる

当ブログは自分の経験を元に、様々な移住に関しての記事を取り上げています。

例えばこんなのを。

宮古島へ移住するのに失敗が怖い?じゃあこれ読んでみたら?
「宮古島」「移住」というキーワードを入れて検索すると(と、いうか宮古島に限らずどこの移住も)多くの失敗やデメリットを書いたサイトがありますが自分が住みたい、行ってみたいと思う場所に行って失敗と思ってしまうのはとても残念です。そんな失敗や後悔
淡路島に移住して3ヶ月移住を考えている人に向けた情報とまとめ
淡路島といってもそれなりに大きな島で瀬戸内海では一番大きな島です。島の中には3つの市が存在していて北部が淡路市、中部に洲本市、南部に南淡路市といった感じです。僕が現在住んでいるのは中部の洲本市。今はそうそう島から出るような移動をすることはあ

さて、宮古島の記事に関しては情報がすでに鮮度落ちしており、人気の移住地ということもあって他に様々なブログ記事も上がっているので、ここ数ヶ月は全く検索にかからない記事だったのですが、ここにきて急上昇。

ここ最近の一日の検索数ですが、しばらく検索されずほぼ0だったこの記事のアクセスが上昇。

その下にある北海道や淡路島の移住記事に関しては安定的にアクセスを出している記事です。理由は簡単。他にライバル記事がないから。宮古島は人気の島だから記事を書く人が多いというわけです。それも最新の情報で。

と、いうことは潜在的に移住を考え出している都会の層が増えているということですね。

この移住を考えている人たちはいずれ行動に出る人が少なくはないのではないでしょうか。

僕自身、国内外で多くの場所で生活をしてきましたが、3.11をきっかけに田舎へ移住した多くの人たちに出会いました。

もし、今年中にコロナウイルス騒動が落ち着くようなことがあれば、移住する人たちにフォーカスを当てた行動をしてみると面白いかもしれません。

 

売れるバドミントンネット

連休の前くらいに多少検索でかかるくらいのバドミントンネットを紹介している記事。

組み立て式のバドミントンネット3選!公園やキャンプで重宝するアイテム!
バドミントンネットはどれを買ってもいいわけではない! 「ちょっと家族や友人とアウトドアでバドミントンを」 と、思ってネットで検索をしてポチッと。 でもいざ公園に持って行っても、意外に思ったようにちゃんと立ってくれなかっ...

やはり家の中で体を動かしたくなる人が多いのか、子供の練習をさせるのに部屋でもできるネットを検索しているのか。

こちらの検索数も大幅に上昇しています。

こちらの記事から売り上げが発生することも多くなり、意外な収益が出ています。

記事を書いたのが昨年の4月ですから、ここにきて回収し始めた記事の一つですね。ブログの場合、仕込みをしておくとどこで動き出すかわかりません。

おそらく僕のように、以前仕込んでおいて動きのなかった記事が動き出した人も少なくはないでしょう。

 

ネットに現れる人の動き方

これらを見るだけでも人間の考えていることや、動き方というのは想像がつくのではないでしょうか。

様々なジャンルを作って運営しているブログやその他の媒体などは顕著に現れていて、人間の集団行動や集団心理が手にとって分かるのかもしれません。

この程度のブログで人間の動きが分かるとなると。。

そうですね。僕たちの行動やその他のものは全て人工知能ではデータとして蓄積されています。

ネットに関わるということは、全て自分の行動をgoogleに監視されているということを理解する必要があります。

僕たちが毎日何を検索して、どんな人と繋がって、どんなことを発信しているのか。そして人間の集団心理や行動がどのようなものなのか、全てを把握されています。

どんな記事に何分食いついていたか、どんな場面で静止してその記事を読んでいたか。ブログをやっていれば調べようとしたら僕個人で分かるくらいです。googleはそれ以上のことを簡単にできます。

それが嫌であれば、全くネットに関わらない生き方を選択するしかないわけです。

 

さらに動きは変わり続ける

東京でロックダウンを行なった場合、現在のところ5月6日までという報道がされています。おそらくまだはっきりとした期日は決めているものの今後伸びる可能性も十分あるでしょう。

そうなってくると、どのような変化が起こるのでしょうか。

物流自体が止まることで、ブログからの売り上げなどはダウンする可能性があるでしょう。すでに多くのブロガーyoutuberへの影響は報告されています。

地方都市でロックダウンを機にどのようなネットでの検索や動きが出るのか、興味が湧くところ。

海外での先の事例を見ていると、ストレスに対応したものや動きが大きいのではないかと思います。

やはり家の中から簡単に外に出れないとなると、室内生活で溜まるストレスを室内で発散できる何かが必要なのでしょう。

それがないと、二次災害にもなりますし、家庭内での環境の悪化や悪循環を生み出すことも考えられます。

それらを避けるように、人々は趣味に逃げる何かを見つけるかもしれません。さてどのような行動をするようになるのでしょうか。

 

まとめ

個人のブログで人間の集団行動や心理が読み取れるということは、大手メディアが今まで僕たちをコントロールしようと思えば簡単にできたことです。

どのような生き方が幸せで、どのようなことを行うことが良いことなど、人間に対して都合の良い印象を操作することは全く難しいことではありませんでした。

さて、東京でロックダウンが行うとなると、世界の三大都市、ロンドン、ニューヨーク、東京が揃って機能を停止する世界です。

今まで多くの人々が世界の心臓部と思っていた部分が全て停止するわけです。飛行機で言うならばエンジンの停止と同じ。

そんな時に人は新しい何を生み出すのか。何に価値を求めるようになるのか。どのようなライフシフトを遂げるのか。

本当に楽しみに待つべきは、この騒動が終わった後にどのような時代が創られるのかを体験できることではないでしょうか。

 

タイトルとURLをコピーしました