海外経験の長いTABIMINTONが桃田選手の交通事故について語る

バドミントン

海外で一番怖いこと

別に海外でなく国内でも同じことなのかもしれませんが、僕も一般的な人よりはかなりの期間と回数をあまり安全とは言えない国や地域で過ごしています。

そんな僕がよく質問されること。

「海外で危険な目に合わないの?」と。

ちょうど数日前に海外での危ない経験を書いた記事がこちら↓

殺人バスの乗客になった僕が決定的にダメだと思った話|hassy|note
車内ではインドミュージックがうるさいほどの大音量でかかっているのはいつものことだったが、あれだけ座席の手すりを強く握って緊張しながらバスに乗っていたのは人生で一度だけ。 ネパールに滞在中、ポカラという街から首都のカトマンズに戻るに帰る時だった。山道を下るバスのスピードは僕の許容範囲を明らかに超えていた。 あま...

事故スレスレのバスに乗って、途中で運転手が無免許で捕まったネパールでの出来事。

世界を旅しながら色々な国や地域に行って確かにあまりよろしくない事件や事故にも遭遇はしています。

しかし、海外で本当に怖いのは、その国の交通事情と野犬。

強盗やギャングより圧倒的に怖いのがこの二つです。

 

海外の交通事情はカオス

まずどんな国であろうと、交通事情がここまで整っていて安全な乗車ができるのは日本がダントツです。

どの先進国よりも整っているのが日本です。

だからこそ一歩他の国へ行くとその国の交通事情に度肝を抜かれます。

海外の車にはブレーキはついていないのかな?と思うほど無鉄砲にスピードを出します。

タクシーに乗ってバスと正面衝突しそうになって運転手の胸ぐらを掴んで怒鳴りつけたこともあります。

僕が代表のコーチをやっていたネパールでは一度車に引かれると、止めを刺そうと二度引かれることがあるので注意されることもありました。こちら↓

ネパールの真実はここにあり。観光だけではわからない異次元の世界へようこそ
ネパールで適用される二度引き ネパールで車と接触事故にあった場合ケガ程度でその場に倒れこみ、運転手に「あ、こいつ生きているな」と思われた場合もう一度引かれて二度目は確実に殺されます。 理由としては、事故を起こして相手に怪我をさせてしまった時よりも、殺してしまった方が罰金や罪が軽いからだそうです。 これがネパールでよくある二度引きです。 ですのでネパールで車に引かれてケガをした場合、全身骨折してようが、内臓が飛び出てようが急いでその場から逃走してください。 それでなければ息の根を止められるまで引かれる可能性があります。 ちなみに、これは冗談ではなく本当の話です。 車に引かれるとは 生まれてこの方初めて車に引かれそうになったのがネパールです。 どれだけ気をつけて歩いていても、まるで僕を跳ね飛ばすのが目的かのように一切の減速なしで車が突っ込んできました。 よく車に引かれている人の動画などを見て「自分がこの状況なら避けれるだろ」と思っていましたが、猛スピードで突っ込んでくる車に対して人はなすすべがないとわかりました。 まさにおろおろするばかりとは現実を通して実感します。 やっぱり車が突っ込んでくると人はおろおろします。

代表選手だからと言って交通事情に例外はありません。

事実、以前にはイングランドのサッカー代表選手が乗った飛行機が墜落して全員が亡くなったこともありますし。

 

怪我でよかった

今までの海外で僕が交通事情でやばいと感じた時は、怪我で済まないと思うほどの危険度。

「ああ、これで事故が起きたら死んじゃうな」と感じることは幾度かありました。

テレビの旅番組で見るような危険な崖をスレスレで走るバスや、猛スピードで走るバスなど。

多くの人が勘違いしていますが、事故だけなら飛行機よりも圧倒的に車やバスの方が多いです。

飛行機で事故が起きる確率は相当低い確率ですが、事故が起きやすいと言われるネパールの空港などでは僕がネパール滞在中に飛行機が着陸失敗で大事故が起きたこともありました。

今回桃田選手は顔の怪我と全身打撲とありましたが、不幸中の幸いではないでしょうか。

僕も海外の高速道路など多々経験していますが、安全とは言い難い国がほとんどです。

 

海外の病院事情

国や地域にもよりますが、海外で病院にかかることはやはり日本人の僕らからすると安心とは言えません。

今回の事故はマレーシアということで大きな病院であれば日本語の通訳もいますが、おそらく近くの病院に運ばれたのならば通訳はいないのではないでしょうか。

僕も様々な国で病院に行くことがありましたが、ここまで大きな事故で病院にかかることはなかったので、やはり桃田選手自身も不安は強かったと思います。

またトップアスリートなので体のことやオリンピックのことへの不安も相当大きなものだったことでしょう。

体調不良で自分の状態を母国語で伝えれないもどかしさは相当なものです。

すぐに帰国の手続きをしているということだったので、自力で帰国できることは安心要素の一つでしょう。

 

怪我の影響

怪我の影響については僕がとやかく言えることではないのでしょうがTABIMINTONの目線で語れる範囲で書いていきます。

もちろん今の日本のトップアスリートが目指しているのは東京オリンピックであり、残す期間は約半年。

桃田選手の怪我は全治一ヶ月と報道され、3月の全英オープンには出場できる見込みと書いてありますが、このレベルで戦う選手にとってこの時期での一ヶ月の離脱はかなり痛手。

圧倒的な強さでここまで戦ってはいるものの、スコアでは見られないせめぎ合いで戦っている彼らはある意味お互いギリギリのところで戦っているはずです。

数年前に国内で断トツの強さを誇る元オリンピック代表のバドミントン選手と会って話した時に

「常にギリギリ。国内でもいつ負けてもおかしくない」と語っていたのが印象的。

桃田選手の心中は穏やかではないでしょうが、起こってしまったことはどうしよもない。

精神的ショックも含めてメンタルケアもバドミントン協会がサポートしていくと思います。

 

まとめ

日本国内でも事故に合えばそれなりの心配や不安は付きまとうもの。

それを海外のマレーシアで経験したのですからそれ以上のものがあるでしょう。

オリンピックイヤーで何かしらの出来事が起きる桃田選手はある意味そういう星の元に生まれた人間なのかもしれません。

是非ともこの事故をオリンピック後には「あんな大きな事故に会ったのに金メダル」と世間が認知してくれるような結果を出して、世間にさらに強い自身を見せつけてもらいたいものです。

運転手が亡くなって素直に喜ぶことはできなくとも、他の日本人のトレーナーやサポートしている方も命に関わる怪我がなくてとりあえずは良かったことかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました