[経験談]ブログは挫折するけど止めなければ復活はできる!収入源を捨てるな!

誰もが経験するブログの挫折

「ブログ 挫折」

「ブログ ネタがない」

「ブログ 書けない」

収入を作るためにブログを始めた人なら一度は検索するこのキーワード。

むしろ僕自身も何度か検索したワードです。

すごく分かります。

書いても書いてもアクセスは上がらないし、アドセンスが通ってもいつも数円から数十円程度の収入。

もちろん僕も同じ経験をしたし、パソコンを開くことすら嫌になったこともありました。

それなのに他のサイトを見ると「ブログ2ヶ月で○○万円達成!」「ブログは誰でも稼げる!」

hassy
そんな記事を見ては「いやそんなの無理。。」ってなりますよね。結局その差って何なのでしょうか?

 

続かない

これが一番の理由。

僕自身、途中で投げ出した時期もありました。

でもこうして復活させて毎日更新をルーティンとして行うようになったのは

個人事業主として開業届を提出してから。

これが一番の理由です。

要は覚悟が決まったんだと思います。

続ける一番の要因は覚悟を決めれるかどうか。

最初に始めた時も覚悟を決めて始めたつもりでしたが、個人事業として動き出してからの覚悟とあの時の覚悟とではやはり違いますね。

 

鶏が先か卵が先か

ブログで稼げるようになってから独立するか、独立してからブログで本気で稼ぐか。

僕の場合は後者を選択しました。

今まで何となくやっていた僕のブログの収益は1ヶ月で数2〜3千円程度(月間2.5万pv)

しかし本気で事業として行うと覚悟を決めてからtwitterなどを活用すると一気に10倍の収益になりました。

事業を開始してから約2週間で結果は現れました。

もちろんこの数字では全く事業としては到底無理な収益ですが、分かりやすい結果として現れるとブログは稼げるというモチベーションに繋がります。

このように一度のバズでアドセンスのみで一日数千円稼ぐことも。

今までにも数回バズは経験しているのですが、バズを経験するとバズ狙いの記事に向かってしまうので、

やはりSEO対策をした記事でなければ安定したアクセスは望めません。

ただバズらせることによってグーグルクローラも気が付いて全体的な記事の順位を上げてくれるので、これはこれで大事なことですね。

 

ブログが育ってから独立する

もちろんこちらの選択もあり。

しかし経験から言って本業の仕事を行いながら安定した収入を生み出すブログに育て上げるまでは、おそらく相当な労力をブログに注ぎ込まないと無理。

ブログ一本を本業にして生計を立てている激戦区に飛び込むのですから、片手間の副業意識で成功している人はおそらくこのような人。

  • そもそも本業がweb関係でSEOなどに知識があった
  • かなりニッチなキーワードで先駆者だった
  • ブログで稼ぐ覚悟がマジで本物だった
  • 副業ながらも挫折せずにコツコツ続けた

副業としてブログをスタートさせた場合これらのような理由がなければ僕個人としては無理だと思います。

もしあなたが副業として初めて、ブログ一本でやっていくとするならば覚悟を決めてコツコツやる。

これに尽きると思います。

 

収入源を捨てるのはもったいない!

おそらく僕のようにアドセンスで数十円程度の収益は発生しているが、労力に見合わずサイトを放置している人も多いはず。

しかしブログを収益化できる人って意外に少ないですよ?

実はその一握りの部類に入っていることをまずは理解すべき。

それにあなたは他に不労所得は持っていますか?という話(ブログは不労じゃないかもしれませんが・・)

他に持っていないならそこまで育ったブログは放置せずに育て続けるべきです。

だってブログって資産ですから。

ブログは資産です。今の世の中ブログを資産と捉えている人は少ないかもしれませんが、不動産やその他のものと同じでブログは立派な資産として考えましょう。

 

そもそも挫折は悪いのか?

答えはNO

先にも書きましたが、僕自身もブログの挫折を経験して今に至ってますし、ブログを運営しようと始めてほとんどの人は一度は挫折しているはず。

上手くいっている人のブログを見ると皆順調にアクセスを稼ぎ出し、順調に収益にも反映されているようですが、そんな人はほぼ皆無でしょう。

だって他の仕事だって、スポーツ選手だってそうじゃないですか?

停滞期やスランプなどを経て多くの人はのし上がっていく。

ブログの場合だとそれが可視化できるからそう深く考え込んでしまうだけで、おそらく今までも色々な挫折があったはず。

挫折は悪くありません。書けない日があってもそれが続いてもブログは諦めないこと。これ意外に重要な気持ちの持っていきかたです。

 

書けないことをネガティブに捉えない

僕もこれらのことが続いてネガティブに捉えていた時期がありました。

「いや、結局書くネタなくなってきたし収入に全然ならないし。。」と。

そんな僕からアドバイスするとしたら「書けない日は書かなくていい!」ということ。

他の人のブログでは「書けなくても書くんだよ!」「1日3本は記事を書け!」とかありますが、

結局そういう時に書く記事ってやっぱり内容が薄くて読者には伝わってしまうし、ユーザーは離れてしまいます。

 

他人のブログと比べない

「文章書くの上手だよね」

そんなことを言われることがあっても比べてしまうものですよ。

“あー、この人のブログ記事の作り方上手だな。きっと勝てないな。。”

僕もそんな経験はあります。

しかし誰かのブログと自分のブログを比較してもなんの意味もありません。

他人のブログは参考にしても比較するのはやめましょう。

 

まとめ

ネット上にはブログで成功している人の事例なども多くあります。

それらを見ると、成功していないもしくは望んでいた収入が得られていないことに自信をなくすかもしれませんが、

実際はそれ以上に多くの人が脱落しています。

少しでも収入のあるブログならやめずに続けること。

そうすれば僕のように短期で成果が現れて続けるモチベーションを保てると思います。

是非ともブログはやめずに続けることをお勧めします!

合わせて読みたい記事

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。元バドミントンネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。