[悲報]知らない人にブロガーは勧めれても友人には勧めれない3つの理由

先日友人に「ねえ、ブログで稼ぎたいんだけど教えてもらえる?」と言われました。

僕の答えはNO

友人だからこそお勧めできません。さてその理由とは?

 

知らない相手だから言えるけど・・

ネットで色々検索すると

「ブログを始めて2ヶ月で月収○○達成!」

なんて記事がありますが、そんなの全部・・・本当!!

ええ。だって本人が言っているんだから、本当は本当でしょう。

ただし、僕の経験から言ってブログを初めて3ヶ月以内に収益をあげている人は

webの知識がそもそもあった人か、かなりの時間と労力を使って努力を続けた人ですかね。

確か、僕も収益化は3ヶ月では達成したのは達成したはずです。

hassy
ただwebの知識がなかった僕からするとかなり大変な時期だったということは間違いありません。

その時間と労力を考えると僕はとても友人に勧める職業ではありません。

 

ネットでブロガーを促すこと

「これからの時代は会社員なんかではなく自由に稼ぐ」

「ブログは資産いつまでやりたくないことやってるの?」

これらのようなことは一旦ブロガーの世界を覗くとよくある言葉。

言っていること自体間違いではないでしょうし、本人たちがそれで生活をしているのだから誰かに勧めることも悪いことではないでしょう。

そしてそれによって、見えない誰かの人生を変えたり助けたりしてることもあるので、素晴らしいことだと思います。

でもそれらをしっかりと発言できるのはその発言に伴った教材を販売している人や、有益になる記事を提供できている人ですかね。

 

友人には勧めれない理由1

  • 面白い人生をネタにしても金にならないよ!

僕の友人の中には面白い人が本当に沢山います。

プロのミュージシャン、世界を旅しながらの大道芸人、自給自足で生活している人、ぶっ飛んだ旅人etc

皆、個性的で毎日ブログの記事にすると面白い人たちばかり。

しかしどれだけ面白くてもそれらのことを日記にしてもお金にならないのがブログの世界。

よっぽど数年間の間更新を滞ることなく更新して、ようやく芽が出てくる程度。

それも数ヶ月更新してようやく一日、数円から数十円ぐらいですかね。

それよりもブログの世界はどちらかと言えば、一般的な生活をしている人の方が収益に繋がりやすいように個人的には感じます。

理由はこちら↓

 

収益になる記事とゴミ記事

相当な有名なブロガー以外、全ての記事が収益に繋がる訳ではありません。

僕の記事を例にして言いますと、僕は海外で色々なことをやっていたので友人が読んで楽しめるような記事も沢山書いていました。

それらを書くことは楽なことだったし、楽しかったから。

しかしこれらの記事は全てゴミ記事。

プロのブロガーが収益として書くような記事ではないということです。

金にもならない記事を時間をかけて書く趣味程度のブログ記事ですね。

 

友人には勧めれない理由2

  • 誰にも読まれない時期は長いよ!

やり方にもよるのですが、最初からアクセスが取れるほど甘くないのがブログの世界。

「ブログ始めました!」と言っても、

最初に読んでくれるのは友人か、SNSで繋がっている人たち程度。

この時期に一番大変なのがモチベーションの維持です。

この大変さを考えると、僕は自分の友人には勧められない。知らない人に勧めることができても友人は無理。

相当面白いブログを書ける人なら話は別ですが、おそらく友人と言えども初期のブログ記事はとても読めるものではありません。

言い方は悪くなってしまうのですが、友人の自己満足の日記を毎日読んでいたとしても数日で飽きてしまうのが一般的なことです。

 

孤独だよ

この誰にも読まれない時期。

本当に孤独です。

誰に向かって書いているのか、本当にこれが収益になるのか。

そんなことを自分の友人に味合わせて続けさせて、本当に僕は友人の人生を変えれるほどのブログレクチャーができるかと言われると、無理。

例え、できたとしてもそれに友人がついてこれるかを考えると、おそらく難しいというのが僕の本音ですね。

 

友人に勧められない理由3

  • 9割は脱落するんだよ!

まず、ブログを継続できない人が9割。

そして続けれたとして、その1割の中から収益化に持って行くことができる人がおそらく2〜3割。

さらにその数割のブロガーから数万単位の収益をあげている人が2〜3割。

色々ブログ界を見ていて感じる統計がこのような感じです。

絶対的な数字ではなく僕個人の主観になりますが、大半の割合は当たっているはずです。

一番大変な山場は継続することが難しいということ。

片手間でできることではないからこそ、友人にはお勧めできないんです。

なぜなら友人だって途中でやめてしまったら、僕に合わす顔だってないでしょうし申し訳なく感じることでしょうから。

 

99%収益化できないことを友人に勧めるか?

この統計を見ると、数万単位で収益化するのには99%無理に近いということ。

月、数円から数十円の収益をあげるならパーセンテージは80%くらいに下がるでしょうか。

僕自身その1%に入っているのでブログの記事自体でブログは収益出るからやった方がいいよ!

と言うことはできますが、友人にはとても無理。

そこまでの労力と時間を考えるなら他のアルバイトか副業を勧めます。

これは絶対的な友人への親切心として。

それでも「どうしても絶対ブロガーとしていきたい!」と言うならば、できる限りのことは手助けはしますけど、僕程度のブロガーでは知識薄ですがね。

 

まとめ

あくまでこれらのことは、友人にだけ伝えれること。

だって自分がブラック企業に勤めていたとしたら、自分の会社を友人に勧めることはできませんよね?

もちろんブロガーは自分の仕事なのでブラック企業ではありませんが、そこまでの到達時間がきつい!

でも僕の友人でなければブロガーという道を選んで収益化を目指すのは全然お勧めします。

そういう時代ですし、これらの職業が確立されている時代でもあるので。

僕の友人はこの記事を読んでどう思うでしょうか?笑

 

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。元バドミントンネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。