新卒で入社した会社を辞めてもいいが退職した後も顔を出すべき3つの理由

新卒で入社した会社を「旅に出たいので」と言って退職して10年以上。

地元では1000億円の売り上げを超えるトップ企業です。

それでもその会社には今でも顔を出して繋がりが切れることなく繋がっています。

仕事と人の繋がりは別のもの。今もあなたは10年以上前に辞めた会社に顔を出すことができますか?

 

顔を出せる人出せない人

会社を退職する理由は人様々かもしれません。

  • 仕事が嫌で辞めた
  • 上司が嫌で辞めた
  • ヘッドハンティングで辞めた
  • 独立したくて辞めた
  • 体調を崩して辞めた

まだまだ色々な事情はあることでしょう。

特に転職が当たり前となっている今の時代。

数ヶ月でやめる人も、会社でそこまでの人間関係を構築する前にやめる人も多くいることでしょう。

しかし退職した後も「暇なときはいつでも遊びに来い」と言われる幸せほど嬉しいものはありません。

そしてそう言われているのなら、何年経っても定期的に顔を出しておくことをお勧めします。

 

顔出しすることの3つのメリット

ここでは辞めて10年以上経つ会社に顔を出すことの3つのメリットを記述します。

 

自尊心の向上

基本的に辞めた会社に顔を出せる人はそう多いことではありません。

なぜならそのような状況が作れるということは、そこの会社での仕事ぶりや関係性が良くなければできないことですので。

しかし退職した後にも、その会社に顔を出すことによって自らの自尊心に良い影響を与えます。

自らの経験を例にとってみると、

「10年経ってもこういう形で顔を出しに来てくれるのはこっちも嬉しいよ」と言われることにより

自分がその会社でどのような関係を構築できていたのか振り返り、自分の自信になり自尊心の向上にも繋がりました。

 

手助けをしてくれる

「お前が新しいことを始めるなら手助けするよ」

そんなことを言ってくれる元上司がいました。

実際は僕が始める新しいことと、以前の会社の業務は全くの別事業です。

しかし繋がらない事業であっても「人の繋がりとか作ってやるぞ」というように“できるサポートはする”というメッセージが嬉しいことです。

会社を辞めた後も手助けをしてくれる上司がいること、そのような付き合いができるということはとても力強い味方となります。

 

互いに良き刺激になる

10年以上前に辞めた会社に顔を出すということはある種勇気のいることです。

それだけに時より退職した会社に顔を出すことによって、お互いの近況を話し合うことはとても良い刺激になります。

それが上司であっても、部下であっても同じことです。

その刺激はもらうだけではなく、こちらから与えているということも忘れてはいけません。

高飛車な言い方に聞こえるかもしれませんが、自らの行なっていることに自信があれば尚更のことです。

お互いに刺激しあえる関係を保ちましょう。

 

ブラック企業だったとしても顔を出すべきか?

僕が勤めていた企業は特にブラックという訳ではありませんでした。

そもそも当時は「ブラック企業」というワードも存在せず、新卒だったこともあり“こんなもの”としてしか考えていなかったこともあります。

また、上司との関係が良かったこともあったのかもしれません。

しかし、企業と人の関係はそれはそれ、これはこれであって、もしあなたが新卒で入った会社がブラックであったとしても

人間関係に問題がなかったのであるならば人間関係を維持しておくことをお勧めします。

 

出戻りする可能性

あなたが知らないだけで、辞めた会社が社会事情やトップの変更などにより一新している可能性だって大いにあります。

僕が勤めていた会社も、昨今の社会事情によりきっちりとした休みを導入することを会社として積極的に取り入れ

会社の中の通気性も格段に良くなっていました。

僕自身は自らのやりたいことなどがはっきりとしているため出戻りの話はあったものの、丁重にお断りさせていただきました。

ただ人によっては会社が変わったことにより出戻りをしたくなる人もいるでしょう。

そのような可能性を潰さないためにも、辞めた会社に顔を出せる関係を維持しておくことや、人間関係は保つべきと考えます。

 

辞めた会社の悪口は絶対に言わない

どんな会社であったとしても、どんな上司であったとしても絶対に悪口を言わないことをお勧めします。

これらは精神論的なことになってしまうかもしれませんが、そのようなことを簡単に言うような生き方に魅力は感じられません。

「前の会社は会社の体制が悪くてさ」

「前の会社にいた上司は仕事ができないくせに口ばかりでさ」

そんなことを口走る人ほど、、、

ってことですよね。

 

まとめ

あなたは10年以上前に辞めた会社と今でも出入りできるほどの関係性は保てていますか?

またはあなたがまだ20代前半や半ばの若い人だとして、そのような関係性を保つ自信はありますか?

このような関係性を保てている僕だから言います。

このような関係が保てると言うことは、自分自身の自信にもなりますし、人生をより豊かに過ごすことができます。

転職が当たり前のこの時代。

是非とも辞めた会社であっても良き関係をいつまでも維持できる人になってください。

そこにマイナスになることは絶対にありませんから。

 

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。元バドミントンネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。