石を売らない石屋が北海道の美瑛という小さな町でお店を出すとどうなるのか?

石は売らない

「名もなき石屋」では石を売っていません。

天然クリスタルをはじめとする全ての天然石は全てのお客さんに「その石が惹かれるのであれば、あなたが石と会話をして値段を決めてください」と伝えています。(現在は事業主の為、全ての作品に値段がついています)

こちらから何かを売ることは一切ありません。

このようなスタイルでお店を開いてみてわかったことは「そんなの難しくて決められない」という声が多く聞こえてくるということです。

これは僕自身かなり意外な答えでえした。

なぜ多くの人がこのようなことを言うのでしょうか?

 

石の値段を知らない

多くの人は「石の価値が分からない」「平均価格を知らない」と言います。

僕は「あなたが石と会話して決めていいんですよ」と言っても“平均相場”で払いたがる人が多いという現実でした。

ではなぜ日本人は“平均価格”で物事や価値を決めたがるのでしょうか?

 

決められた価値観

多くの日本人は生まれてそのまま日本で育った場合、商品やお店で価格を払う際の価値は与えられているものに対して支払いをすることに慣れているので、自分で価値をつけるということに慣れていません。

そしてそのような状況になった時に自分で価値をつけるという感覚が備わっていないので、とても困難なこととして捉えてしまうのです。

そこには作成した商品に関して“安い価格をつけては申し訳ない”という日本人特有の相手を思いやる気持ちや感情もあるように思えます。

 

そもそも石の価値は難しい

クリスタルをはじめとする天然石の石の価値をお金で換算するのには、石を知らない人にはとても難しいことです。

難しいというよりも、本当のことを話せば石の価値は正直あってないことでもあります。

人によっては10円の石でも、人によっては5万円出しても購入したい。

また石によってはとても小さくてもお金の価値でいえば想像とは違った値段であったり、逆に大きくても想像とは違う価格だったりと、ある種個人レベルの好みによっても変わってきます。

そう考えると石って面白いですね。

 

固定概念と常識を外してほしい

このようにやるスタイルとして個人的に伝えたいことは「固定概念」と「常識」から1歩だけ足を踏み外すきっかけを持ってもらいたいということからです。

ここ数年、旅だったり気に入った土地で生活してみたりとそんな生活をする中で時より悩みを抱える若い世代と話す機会が多かったように感じてます。

悩みの内容は人それぞれ違うのですが、根本は今まで目で見えるものだけにとらわれて自ら作り上げてしまった「固定概念」と見えない世間の風潮にある「常識」が邪魔をしていると思います。

 

世の中に存在しない「常識」

 

「不倫は最悪」

そう思っているのは地球にいる人間全てではありません。

アフリカでは一夫多妻制度が未だに“普通のこと”としてありますし、ヨーロッパでは「新しい恋愛がはじまったんだね。おめでとう」となる国もあります。

結局のところ「不倫が最悪」と思っているのは必ずしも世界中の常識とは限らないんです。

どっちがいいか悪いかではなくて、捉え方なんて国や人それぞれということです。

不倫を例に出しましたが、わかりやすい例でこのような思い込みの常識は、ほとんどが小さな世界での思い込みだということです。

それくらい僕達が思い込んでいる常識と、地球上での常識は違うものです。

 

値段をつけないと儲からないという思い込み

このやり方を始める前にそりゃあ色々な人に言われましたよ。

「そんなやり方で儲かるかよ」って。

でも僕の意見では「それはみんなの思い込みにすぎないこと」であったのと、そもそもが営業利益が最大の目的でもないということ。

それよりも自分がやりたいかやりたくないかの方がよっぽど大事。

商売をする以上儲けなければいけないという思い込みから足を踏み外して、自分がやりたいかどうか、そしてどのようにやりたいのかを行動としてやってみる。

まずやってみる。そんなシンプルなことです。

赤字だったら失敗か?違います。やりたいことをやらなかったら失敗なんです。赤字が失敗というのは勝手な思い込みにしかすぎません。

 

信じきること

これを始めるにあたって、まず自分自身で始めたことは“信じきる”ことです。

まず一つは、このスタイルで良いと自分の判断を信じきること。

二つ目は他人を信じきること。

三つ目は自分の作品を信じきること。

四つ目は自分の感性を信じきること。

五つ目は石達を信じきることです。

まずは何事もどんな結果であろうと、信じきる行動を行うことです。

それさえできれば全ての出来事は正解なのではないでしょうか?

 

関連記事

ABOUTこの記事をかいた人

アバター

元バドミントン全日本ジュニアチャンピオン。高校在学時に全日本総合選手権に出場。高校で選手を引退した後、アジア、南米、北米、オセアニアを旅する。アジアでは旅をしながらバドミントンで遊ぶ。帰国後は沖縄の宮古島や淡路島で島暮らし。バドミントン元ネパール代表コーチ。元メキシコジュニア代表コーチ。一般社団法人JADP公認メンタル心理カウンセラー&上級心理カウンセラー。勉強しない子供より、遊ばない大人を心配する37歳。